車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

2017年北海道車椅子ドライブ旅行: ベッドのない宿

 左半身不随の信ちゃん(夫です)は、布団の上には寝られません。畳の上では食事が出来ません。


 ベッドのある安い車椅子ドライブ旅行の宿として、私たちはコンフォート・スーパー・スマイルなどの低価格ビジネスホテルチェーンによくお世話になりますが、都会にしかなく、最近は随分と値上がりました。今回の釧路のスーパーホテルは二人で朝食付き7,180円ですが、私たちは60歳以上限定のプランですのでこの値段。通常は早割りで予約しても9,000円を超えます。うかうか泊まれません。
 それに手軽ですが、好きにはなれません。


 宿は、目的地はどこか。そこで何をしたいかで決まります。
 今回の目的地はを中心とした道東なので、
1) とほネットワーク旅人宿の会|北海道の安宿・ゲストハウス 
2) 道東旅人宿の会・カキやジャガイモなどが当たるスタンプラリー開催中! 
を中心に、通過する町の観光協会の宿リストをチェックしました。サイトを見る限り和室だけだとか、部屋は二階で車椅子がNGと思われる場合でももちろんあきらめず、候補の宿には一軒一軒電話をして尋ねます。


 「一階に部屋はありますか?」
 「すべて二階です」
と言われても・・・倒れて13年目の左半身不随の信ちゃんは、右に手すりがあれば普通の階段の上り下りは可能です。 
 「階段の左右に手すりはありますか?


 ・・・
 信ちゃんはクルーズが大好きです。ウトロでも羅臼でも石垣島でもみなさんに助けられ、クルーズを楽しみました。海岸線を走る今年の旅でも、もちろんクルーズに乗る気、です。
 「根室・クルーズ」でネット検索すると

が見つかりましたが、値段はなんと一人8,000円。二人では16,000円にもなります。とてもません。
 そこで範囲を広げて「
道東 クルーズ」で検索。

 ありました、ありました。別海町観光開発公社: 別海町観光船-top- が根室の北の野付半島への船を出しています。尾岱沼港から出るクルーズ「ドトワラ・コース」だと2,480円二人でも5,000円これならます。早速速電話で問い合わせしました。 


 「車椅子でも大丈夫ですか」
 「大型船なので甲板にも出て頂けます。半島の先端の トドワラ - Wikipedia では船が50分停泊する自由時間があります。ドトワラは砂地で車椅子は移動が難しいので車椅子のお客様には、船内でお待ちいただいています。それでよければどうぞ」

 その後、Joecoolさんのブログを見て、絶対に行きたいと思いました。

 (FreeWheelを8月7日に、新規にレンタルしたJW-sに取り付け、それを北海道に持って行きます:この話はまた後日)  FreeWheelの先に待っているのは?  - 車椅子旅行は楽しい!


 尾岱沼港に朝早く出発するクルーズを楽しむために、前日に尾岱沼に宿泊しようと、
いつもの宿探しルールを実行します。


1) グーグル地図で、目的地近隣の宿の場所をチェック。
2) https://www.clipit.jp/やじゃらんなどの旅行サイトでそれらの宿の
価格と口コミを比較。
3) 宿に
HPがあれば、必ず目を通す。
4) 宿に
電話をかける。


 今回候補の3軒の中で一番安い、尾岱沼温泉シーサイドホテルに狙いを定め、電話をかけました。
 「バストイレ付きの洋室は2階です」
 「HPを見ると1階にもバストイレなしの洋室がありますね」
 「はい、あれは同系が運営している民宿の部屋となります」
 「同じ建物ですか」
 「はい」
 「HPによれば2階の洋室は駐車場を向いているが、1階は海ですね。民宿用の洋室からは朝日が見られるのですね」
 「はい」
 「値段は?」
 「民宿価格の6,500円からで、蟹が付くなど夕食の内容によって値段があがります」


 蟹は花咲港の宿で花咲蟹を食べる予定なので、民宿価格でお願いすることにしました。2食付で二人で13,000円も見えます。クルーズが発着する尾岱沼港まで歩いて行けます。


 旅行サイトだと和室だけ販売していても、宿のHPには洋室が1つ掲載されていて、電話で問い合わせると「電話でのみ予約を受け付けている部屋です」と言う宿もあります。洞爺湖に面した壮瞥温泉の 旬菜宿房 いこい荘 もそんな宿の一つでした。


 昨年、時計で函館から小樽まで海沿いを走り出会った、部屋はすべて和室で2階だけ、という宿の話を書きました。到着するまではどうなるかと心配でしたが、完全バリアフリーと謳うホテルよりも私たちには、理想の宿となりました。

 松前の宿のづけられた私たちは、少々無謀だと思われる宿にもトライすることにしました。野付半島の付け根にある標津町の「船長の家」です。
 口コミの評判がよく: 
民宿 船長の家【 口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー: 
漁師の宿 船長の家 北海道 標津|ホンマか?見聞録: 
野鳥写真家 戸塚学の Happy Bird’s Day/おススメの宿/北海道/ 
根室海峡や国後島が目の前に見えます。
 ダ・メでもともとと、電話をかけました。

 「一階に部屋はありますか」
 「ありますよ」
 「和室ですか」
 「ええ」
 「夫は半身不随で布団には寝られません」
 「玄関さえ頑張って上がって貰えれば、
ベッを用意しますよ」
 

  今回は、「船長の家」「民宿 岩さき」そして「本別温泉グランドホテル」のつの宿で、信ちゃんはベッドのお世話になります。電話の向こうのみなさんは誰もが元気で気さくで、お会いするのがとても楽しみです。


北海道車椅子ドライブ旅行ではいつも、必ず同行してくれる子たちです。

(2016年8月 苫小牧から大洗のフェリーの中)

 


 
 



 



















 





 今回の旅で最北に位置する8月22日に宿泊予定の万月堂は、グーグル地図から見つけました。