車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

バリアフリールームと車椅子用駐車場のあるホテル(4)

 5月に入って、長野県の中川村(有名な大鹿村の隣村です)に移住した一家の訪問に、信ちゃん(夫です)から中央道ではなく「第二東名を初体験したい!」というリクエストが出ました。第二東名高速を利用すると、飯田に近い中川村には「浜北IC」を使うのが一番便利。早速宿を探しましたが、数が極端に少なく、浜松まで行かないとダメかなとあきらめかけた時、思い出しました。それが、このサイトです。


(1)Clip 宿:  https://www.clipit.jp/

  バナーには、「宿泊施設の公式サイト集です。格安な公共の宿・旅人が集うゲストハウス・料理自慢のペンションなど個性豊かな宿をタイプ・特徴・地図などから簡単検索!」と書いてあります。

 確かに。とても便利です。「浜松市北浜区」と「バリアフリー」を選択しただけで、少なくとも大手の旅行サイトのどこにも掲載されていない「森の家」が見つかりました。


「森の家」

 これが、とんでもなく優れもの。「また行こうね」と信ちゃんと約束しました。

 以前、県職員の研修施設だったところを現在は一般開放していて、少々年季が入っていますが、北浜地区らしい木材をふんだんに使った素敵な建物です。もちろんバリアフリー。車椅子用駐車場も、入り口のスロープまえにあります。売店で500円使える利用券が付いて、2食8,900円のプランがあり、さらに障害者手帳を持っていると本人と介護者1名が20%引きに。凄いでしょう?_

 信ちゃんは、通路の下に敷きつけた木製のタイルの上を車椅子で通る時の音が、とても気に入りました。


 もう一つ、これはという宿が見つからない時に活躍するのが世界的な旅行サイト「Tripadvisor.com」です。以前は純粋に素人の旅好きな人たちの集まり、という感じでしたが、最近は少々ビジネスライクで、作為を感じるページ作りが残念です。

 そうは言っても「Tripadvisor」の情報量はすごい。去年の9月、長崎を訪れた時に、その底力を見せて貰いました。詳しくは、次回。