車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

車椅子旅行の贈り物

 今年の4月から「車椅子旅行は楽しい!」の投稿を始め、現在のアクセス数3,000を超えました。、嬉しいです。これまで読んで下さり、本当にありがとうございます。
 これからも、書き続けます。
 
 「車椅子旅行は楽しい!」をど・う・し・て・書きたかったか。
 そ・れ・は・・・車椅子生活になっても、「以前のように自由気ままに旅に出たい」と思いながら、今一歩踏み出せずに居る多くの方々との出会いです。私たちはたまたま、いろいろなが重なり、気づけばあまり深く考えずに「車椅子旅行」を始めていました。
 
 今朝FBを開けると、こんな画像が飛び込んで来ました。
 


 「人との出逢いが、井崎哲也の生き様に影響を与えた」・・・とキャプションにありますが、それに
 「車椅子だからこそ・・・そしておおきく言えば、障害を持っているからこそのと、私は付け加えさせて貰います。それが実感ですから。そのですから、車椅子旅行というのは。


 で・そんな出会いシリーズを明日から書くのだ!


 石垣島から西表島への船。ここでの経験もまた、車椅子旅行者だからの信ちゃん(夫)の幸せなものでした。

(2010年3月)