車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

車椅子旅行は足し算(続編)

 前回、「車椅子旅行は足し算」と書きました。


 そして今日、その実体験をさせて貰っています。
 昨日は台風17号で大洗からのフェリーが欠航。
 やむを得ず、新潟から苫小牧に出ることになりました。

 思いがけない展開ですが、これは別に、車椅子旅行でなくてもルート変更は良くあります。
 ですが、大洗から出るフェリー(大洗港 - 商船三井フェリー)、今回で4回目だったので、食事内容にも少々うんざり。エレベーターもさんふらわあ・さっぽろにしか(船の紹介 - 商船三井フェリー)レストラン階までないので、乗船できるのはサンフラワア・サッポロだけでした。
 ところが今日これから乗船するのは(フェリーあざれあ/ フェリーしらかば|船舶紹介|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。)エレベーターは完備され、全階で車椅子の乗り降り自由です。
 食事もアラカルト・メニューです。
 60代過ぎると、ビュッフェというのは高く付きます。若い方の半分も食べませんから(レストラン|船舶紹介|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。)助かります。


 さあて、気を取り直してまた北海道に出発。
 信ちゃん(夫)が言いました。
「さすが北前船の伝統を受け継いだ航路だね」
 これまでもオロロン街道などでいくつかの鰊番屋(鰊御殿 - Wikipedia)を訪れた私たち。今回のルートに入っている江差で、北前船の歴史を学ぶのが楽しみです。