車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

車椅子旅行は楽しい!!

みなさんこんにちは。初めまして。
夫が倒れて左半身不随の一級身体障害者として車椅子生活をするようになり、11年になりますが、車椅子旅行は楽しいですよ。いくつかクリアしなければならない重要ポイントがありますが、それを事前に十分調査・研究して、納得して、健常者の旅行ではなく、車椅子旅行なのだ。新しい体験なのだと考えれば。
こうして60代の私たち夫婦はこれまで、20回以上国内・国外車椅子旅行を楽しんできました。
お金があるから?
そんなことはありません。一般的な旅行代金よりも安くプランを立てる。それがモットーです。年金生活に入っているので、多少のアルバイト金は入りますが、旅行資金は決して潤沢ではありません。
では、どうやってプランを立てるのか?
1)まず、車椅子旅行と健常者の旅行との違いを徹底的に調べ上げることです。
2)次に、たとえ車椅子になっても絶対にやりたい事は何なのか。それを徹底的に考える。やりたい事の優先順位をつけるのです: おいしいものを食べたいのか、自然と共に神社仏閣に身を置きたいのか、博物館・美術館・科学館などを訪問して知識を深めたいのか。友人に会いに行きたいのか。


などなど、いろいろありますが、今日はこの辺りで。
熊本の方々へのエールを送りながら終わります。