車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

平取町の大好きなバリアフリーの宿が心配です

2018年9月6日21時25分


 通い始めて7年になる、大好きな北海道平取町のバリアフリーの宿、くまさん荘周辺の情報が、今までの所、まったくNHKほかどのメディアでも伝えられていません。
 FBは更新されず、メッセージにも返信がない。
 くまさん荘は平取の中心から24キロの、人口20人あまりの場所にあります。
 ただただ心配です。


 青森・三代丸山遺跡を目指した東北の縄文遺跡めぐりの旅について書く事が、心がざわつき、出来ません。


 オウナーのあつこさんは台風が去った昨日の夜11時には、このように書き込んでいました。


「夜中3時から18時間に及ぶ停電からやっと解放されました。午後8時復旧〜〜
暴風でたっくさん木が倒れ電線に引っかかったりなんだり… 北海道電力の現場作業員の皆様、本当にご苦労様です。
ホントは夕飯お作りするはずのイスラエルの新婚さまに外食をお願いして… ろうそくやら何やら、夫がせっせと備えていたのですが、ギリギリセーフ。9時半頃到着予定です。
昔、子供の頃、ランプ生活でした。
電気が来たのは東京オリンピックの年…
戦後開拓地域でしたので世間よりずっとおそいのです。水道はその翌年…
水も電気もいかに貴重かを知ってる60代です」



 どうぞ、無事でありますように。
 いやいや、絶対に無事に決まっています!


2018年9月7日17時


 さっきフェースブックに平取町の無事を知らせる投稿がありました。まだ電気も水道もNGだそうですが、あつこさんの事です。いろいろな創意工夫で、イスラエルの新婚さんを送り出した事でしょう。