車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

車椅子の暑さ。私はちゃんと分かっているのでしょうか。

 親友からのメールが届きました。


今日は、さすけのシャンプーの日。


アスファルトは状態🍳
を火傷してしまうので、お散歩はお預け。


自転車のカゴに丸まってスイスイ〜
まんざらでも無い様子。


※この後カゴの網から爪が抜けなくなり、一騒ぎ😅


 「あまりに暑いので信ちゃん(夫です)共々禁止に決めたよ」と返信したら、こんな写真と共に、次のメールが届きました。  

 「地面からの高さで、こんなに体感温度が違うんですって。加えてや自転車、ベビーカーなどはの温度がどんどんがるので体感温度はこれ以上なのだと聴きました。本当に命の危険を感じる温度ですね。信ちゃん禁止やむなしです」


 そして最後に、「そういえば、はどうしているんだろうか」と聞かれました。確かに。私も知りたい。


 そここで即ネットでチェック。こんなページを見つけました。

 靴を履くのを嫌がる犬もいるので、セラピー・ドッグは訓練のメニューに、靴を履く訓練が入っているそうです。


 車椅子の熱中対策はとネットで調べると、こんなサイトが見つかりました。

 ディズニーランドで車椅子を借りると、ここに紹介された扇風機が付いているようで、さすがディズニーランドです!


 車椅子の熱中対策にはこんなのもありました。

 一瞬欲しいなあと思ったのですが、高いです。外出しないと決めたので、忘れます。扇風機の方は私にも役立ちそうなので、

ちょっと、考えてみようかなあと思ったりもするのですが・・・。
 でもしない事。東北の縄文遺跡巡りに出発するまでは、まだまだ先ですが、大人しくしていたいと思います。
 カゴの網から爪が抜けなくなり、一騒ぎした、これがさすけです。



 2010年2月に初めて石垣島を訪れました。すでに暑かったですが、夏はどうなのでしょう。特に今年の夏は?
 石垣島の街路樹です。不思議な模様で、まるで人の手で彫刻を施したかのようでした。

(2010年 2月 石垣島)