車椅子旅行は楽しい!

パッケージ旅行とは違う、「個人でプランを立て」「自由な発想の」「安上がりな」「車椅子旅行のススメ」
「車を運転している時は、自分が左半身不随であることを忘れられる」と言う、13年前に脳出血で倒れ車椅子生活者となった夫との車椅子旅行は、幸せの宝庫です。

祝い!世界文化遺産推薦候補から車椅子への道

 縄文、縄文とお題目のように唱えている私に友人が、「よかったね。あなたたちが今年の夏旅行しようと計画しているところが、世界文化遺産推薦候補になって」とメールをくれました。   世界遺産フェチ夫婦としては、世界遺産に認定されるであろう前に旅行が出来て超嬉しいです。  実はこのような体験、初めてではありません。  ここでは、外海の宿の話が中心ですが、宿から遠藤周作文学館:  へ向かう途中、出津教会堂…

青森・三内丸山遺跡をめざす旅(4)

 信ちゃん(夫です)も私も宮城県松島には行った事がないので、平泉から松島へ抜けて福島に行く事にしました。松島に行く事を決めたのはいいのですが、宿探しに、今、苦労しています。まだ、どこにするか決めかねています。  ところで、男鹿半島の宿を決めるまでのお話を・・・。  車椅子ドライブ旅を始めた頃、泊まりたい宿に和室しかないのならベッドを持ち込めば良い、と考えた時期がありました。車に積み込める折り畳み…

青森・三内丸山遺跡をめざす旅(3)

 前回、男鹿半島の宿について書くと言いましたが、諸事情により勝手に後回しにさせて頂きます。ごめんなさい。それと、つましい旅程を組む時の大原則。大事な三つ目を忘れていました。  おなじみのこのサイトの、フル活用です。 旅のルートに従い、障害者手帳の提示で無料または割引のある施設をリストアップするのは楽しみな必須作業です。  今回、山形出身の信ちゃん(夫です)の理学療法士青年が勧めてくれた加茂水族館…

青森・三内丸山遺跡をめざす旅(2)

 私たちはこれからもどんどん旅を楽しみたい。そこで常日頃から節約に励んでいます。ですがどうしても旅程作りでは一生に一度だろうと自分に言い訳しつつ、つい「気が大きく」なってしまう。そこで旅の費用にはついてはさらにつましく、つましく・・・二大原則を厳守するように努めています:  1) 宿は1泊2食付きで一人1万円以下を旨とする。  2) 高速は使わない。(今回はフェリーを使わず陸地を行くので例外です…

青森・三内丸山遺跡をめざす旅(1)

 以前、「1万年以上平和が続いた、世界に類を見ない縄文時代に心惹かれる」と書きました。その思いがさらに深まったのは、能登半島の旅で偶然立ち寄った真脇縄文遺跡: 国指定史跡真脇遺跡 との出会いでした。  今年一部では、縄文文化ブームが起こっているそうで、映画「縄文にハマる人々」が製作され、その公開も二日後に迫りました。  東京国立博物館でも、縄文特別展が始まります。  はやり物と言うか、そうなる一…